TOP > 名入れバッグ作成について > 名入れバッグを製作依頼するときの大きな流れ

名入れバッグを製作依頼するときの大きな流れ

 オリジナルのアイテムを製作する場合、エコバッグを製作する企業が増えてきました。
エコバッグであれば多くの人が利用しやすく、スーパーに買い物に出かけたときに使用してもらえる可能性が高いからです。
自社の名入れバッグを提供することで、スーパーマーケットで顧客が広告塔となってくれるため、自社の宣伝費用を安く抑えて多くの人の認知度を高めることが可能といわれています。
製作するに当たり、どんな流れで製作するのか、事前に確認をすることが必要となるでしょう。
昨今ではネットの製作会社に依頼することが主流となっており、ネットでエコバッグ専業の製作を行っているところも少なくありませんが、まずその前に、自社で予算やデザイン、どれくらいの数を製作するのか等を決めて、依頼することが必要となってくるため、事前の会議で細かなところまで決めておいてください。

 ある程度名入れバッグについて話がまとまったら、インターネットでの製作会社の情報を集めることが必要といわれています。
製作会社毎に単価が異なるため、事前に費用や評判に対する情報を収集してください。
ネットでの製作会社探しにおいてもっとも大切なことは信頼性の高い企業を見つけることです。
特にネットでの評判を確認し、信頼し、納得出来る単価で製作してくれる業者を見つけることが、バッグ政策において成功となるでしょう。
信頼できる企業を見つけるためには、ある程度情報収集を行って企業を絞り込み、自社の希望する依頼内容に合致する企業に見積もりを依頼してください。
この時見積もりに対する質問を必ずしてください。
信頼性の高い企業の場合は見積もりに対して真摯にこたえてくれます。
金額と対応を総合的に判断し、依頼する企業を決めてください。

 見積もりを見て信頼し、納得出来る企業に依頼をするときには、細かな部分まで打ち合わせすることが必要です。
このときにはバッグに印刷するためのデータを提出し、正式に依頼をしてください。
依頼したら前払いとなっているところが少なくありませんので、事前に銀行振り込みなどで請求金額を入金しましょう。
入金したことが企業側で確認できれば製作に入ります。
製作したものを宅配便で送るまで、平均的に2週間前後かかることが珍しくありません。
発送した時には発送したことがメールで届くため、一括納品されるのを待ちましょう。
基本的に業者としては納期に間に合うように製作することがポイントとなりますが、万が一納期に遅れる場合には企業側から連絡が来るため、多くの依頼主が催促をすることはないといえます。

次の記事へ