TOP > 名入れバッグ作成について > 名入れバッグを製作するために必要な布地

名入れバッグを製作するために必要な布地

 オリジナルのバッグを製作する場合、バッグの布地の種類によって製作費用が変わります。
製作する布地について知ることによって、納得できるものを完成させることができるでしょう。
企業を中心に名入れバッグを製作することが多い布地としてあげられているのが、不織布です。
オリジナルのエコバッグを製作することも多く、洗っても元の形に戻りやすく予算がリーズナブルであることから、依頼主に人気の高いアイテムとしても知られています。
化学繊維を重ねて製作することが多い布地となっており、大量に政策をしたい企業に向いていますが、印刷の字に対しては布地のカラーとの相性を確認し、納得できる形で製作をしましょう。
なお、サイズのラインナップも豊富でカラーバリエーションも少なくありません。
自社でどんなカラーで製作をしたいのか、事前に確認をしてから依頼してください。

 他にもポリエステル生地を使った布の場合、一番耐久性が高く、印刷も比較的綺麗に出やすいといわれています。
ただしコストが不織布よりもはるかに高めとなっているため、予算に応じて製作することが望ましいでしょう。
サイズラインナップに関しては比較的融通が利くため、高級なエコバッグを製作したいと考えている企業にとってはおすすめできます。
ポリエステルのほかに綿で製作するコットンのバッグも存在していますが、一番印刷が綺麗に出る物となっており、名入れのロゴなどを印象付けたいと考えているならぴったりです。
耐久性も程ほどに高くなっていますが、サイズやカラーラインナップ、コストに関しては課題が必要となっているため、どの程度まで妥協できるか、予算の範囲内で製作できるのかを確認することが必要です。
コットンといえども製作会社の用意している素材によって厚みが違うため、どれくらいの厚さなのか、事前に確認してから依頼したほうがいいでしょう。

 化学繊維ではありませんが、厚手の生地で製作をしたい人向けの生地としてキャンバス生地とデニム地があります。
キャンバス生地は綿の布を厚手に作ったもので、船の帆の布としても知られています。
耐久性が高く、サイズやカラー、印刷に関しても比較的綺麗に出やすいといわれていますが、残念なことにコストの面で不安が残る記事です。
予算に合致した布地であれば使用したほうがいいでしょう。
耐久性の高さではデニム地も負けていません。
昔からデニム地は丈夫さが売りとされていますが、バッグになってもその丈夫さは評価されています。
布地のカラーラインナップやサイズ、コスト面では不安が残りますが、意外なことに印刷が綺麗にできるといわれているため、参考にしてください。
それぞれの布地にたいして自社の希望する布地かどうか確認し、製作を依頼すると効率よく仕上げられるでしょう。

次の記事へ