今ごろのプリンターは複合機が主流

パソコンで書類の作業をする場合、大抵はプリンターがなければ話になりません。その理由はそれがないと作業したファイルを印刷できないからです。しかし今ごろのプリンターは複合機が主流となっています。これはパソコンのファイルを印刷するだけの機能に加えて、コピー機能とスキャナー機能が備わっています。スキャナー機能は元々紙の状態の印刷物をデジタルファイルとしてパソコンの中に取り入れることができる機能です。このスキャナーは昔はJPGという拡張子の写真ファイルとして作られましたが、今では写真ファイルだけでなく、インターネットサイトで会社関係などのプレスリリースでよく見かけるPDFというファイルとしての変換も可能になっています。またコピー機能に至ってはパソコンが接続されていない状態でも単独でコピー印刷も可能になりました。そのためこれまではどこかのコンビニとか図書館へ出かけなければならないところ、A4サイズくらいまでなら自宅でコピーが可能になり大幅な省力化を実現できるようになりました。

今の複合機はパソコンやケーブル要らずの設定可能

今ごろの印刷機はプリンター機能に加えてコピーやスキャナー機能が備わった複合機となっています。これは何もオフィス用だけでなく家庭用としても普及していて、家電量販店などでは今やこちらのほうが主流になっています。しかも今ごろのそれはパソコン要らずの設定が可能になっています。かつてのプリンターはインクの残量確認も取換設定もパソコンの画面を介してでないと実現不可能でありました。しかし今は複合機のフロント部分に画面がついていて、それをタッチすることで様々な設定の画面に移動することができます。このためインクの残量確認や取換、コピーやスキャナーの取り扱いはパソコンの電源を入れたりする手間と時間を省略しながら実現できるようになりました。また今の複合機は無線LANで接続設定ができるようになっています。そのためこれまでは有線で1台しか接続不可能でしたが、今ではそれを離れた場所にケーブルなしで置くことができるし、複数のパソコンを無線LANで接続設定することで利用しやすくなっています。

複合機はリースをすると初期費用が抑えられる

複合機というのは、コピー機能やFAX機能、スキャナー機能などが一台に集約されたものを指します。オフィスではこうした機器が色々と必要になりますが、それぞれ別で用意していると大変邪魔になってしまうことがあります。すべての機能が一台に集約されていると、狭いオフィスのスペースを有効活用できますし、業務もやりやすくなります。一台あれば、どういった事務処理にでも対応できるので素晴らしいです。多くの企業で便利に使えるはずなので、一台ぐらいは導入をしておくべきでしょう。ただ、複合機は非常に高価ですから、ベンチャー企業には買うことは難しいかもしれません。性能のいいものであれば、数十万円するのが普通です。そうしたときには、リース契約を結ぶのがいいでしょう。リースなら、初期費用が必要なくなるので、資金のないベンチャー企業にでも利用可能です。